1. トップ
  2. よくある質問Q&A
よくある質問Q&A
下記項目からお選びください。
カーリースの契約内容について
カーリースの契約内容について
契約が終了したら車はどうなるのですか?乗り続けることは出来るのですか?
回答を開く

乗り続けることは、出来ます。
 ①残価設定リースの場合は、残価を一括で精算、もしくは、再リースで乗り続けることができます。
 ②残価設定なしのリースの場合は、満了時にお客様の所有となり、そのまま乗り続けることができます。

カーリースの契約内容について
自分好みの特別仕様を買ったときのようにできますか?
回答を開く

出来るリースプランもありますが、リース会社によって総額費用が限定されています。ただし、車検に合格しない特別仕様は出来ません。
詳しくは、マイカーリース相談館のお店にご相談ください。

カーリースの契約内容について
途中で返却(又は解約)できますか?
回答を開く

はい、出来ます。ただし、残価設定型リースの場合は満了前の解約・返却の場合は解約金をお支払い頂く事になります。
 また、リースプランの中には、一定期間お乗り頂ければ、期間満了しなくてもご希望のタイミングで返却・解約して、新たに新車へ乗換えるか、そのまま返却して頂くことも出来るリースプランがあります。勿論、このプランですと解約金も発生しません。

カーリースの契約内容について
免責って何?残価の事ですか?
回答を開く

免責と残価とは違います。殆どのリースプランが残価設定型のリースプランです。
契約期間の最終月に支払い(残価)を据え置くタイプです。
その残価は契約車両の価値が車両返却時にどのくらいに成るかを予想してきめています。
残価を多く設定すれば、月々の支払いが少なくて済むという利点がありますが、最終月に設定した残価と差額が生じるという欠点も持ち合わせているのがこのタイプです。
差額が生じた場合は、その差額分とマイナス査定による加算金を合わせて精算することになります。
一方、免責と言うのは、契約車輛の返却時の査定で生じるマイナス分の加算金を保証するのが免責と言います。
当店にご相談に来られるお客様には、返却時まで安心して乗っていだける、免責(22万円)付きのリースプランをお勧めしております。ただし、残価設定型ではないので、
月々の支払いが、残価設定型より幾分か高くなりますが、返却時の査定で生じるマイナス分の加算金の殆どは免責22万円以内で済んでしまいますので、返却に支払いが生じることはまずありません。お客様が不快な思いをしないですむ安心のプランです。

カーリースの契約内容について
契約に審査はあるんですか?
回答を開く

ローンと同様、審査はさせて頂いてます。